• このエントリーをはてなブックマークに追加

ロバと老人と少年の話

社長ブログランキングにご協力ください^^


社長ブログランキング

 

あなたはこんなストーリーを
聞いたことがありますか?
昔々、ロバを引き連れた老人と少年が街に向かっていました。

少年がロバに乗り、老人がその横を歩いています。

 

人々が通り過ぎる道中、

 

「年寄りが歩いて子供がロバに乗っているなんて恥ずかしい!」

 

と言う人達がいました。

 

2人はその批判がもっともかもしれないと思い、

ほどなくして老人がロバに乗って少年が歩くことにしました。

 

しばらく進むと、通りすがりの人が、

 

「ヒドいじゃないか!あの男は子供を歩かせているぞ」

 

と言うのを聞いたので、

2人とも歩くことに決めました。

 

するとスグに誰かが、

 

「ちゃんとしたロバに乗れるのに、2人して歩くなんてバカじゃないか?」

 

と言うので、2人は一緒にロバに乗りました。

 

今度はすれ違った人が、

 

「小さなロバに2人で乗るなんてロバが可哀想だ」

 

と言いました。

 

少年と老人はそのとおりだと言って、ロバを担ぐことにしました。

 

橋に差し掛かった時、2人はロバから手を離してしまい、

ロバは川に落ちて溺れてしまいました。。。

 

実はこの話にはある教訓が含まれています。

勘の良いあなたならもうお気づきかもしれませんが、

その教訓とは、、、

 

”全ての人を喜ばそうとしても、結局また誰かから陰口を叩かれる”

”全ての人の意見を聞いていては、元も子もなくなってしまう”

 

 

『批判や文句や陰口に決して屈してはならない。

 あなたの信念を貫きなさい』

 

という教訓です。

 

これはビジネスや投資の世界でも全くその通りで、

何か新しいことを始めることには必ずリスクが伴います。

 

それに対してある人はダメだと言う。

 

またある人はそれに対して批判する。

 

そういった周りの一言一言を聞いていたのでは、

いつまで経っても稼ぐことはできませんし、

良い変化を起こすことはできません。

 

周りに惑わされることなく自分を信じること。

 

誰になんと言われようが成し遂げてやるという強い信念。

 

自分がやると決めた道を粛々と歩む覚悟。

 

そうした自分自身の「軸」がない人は、

何をやってもまずうまくいきません。

 

そして、全ての人に好かれようと必死に頑張っても、

誰からも好かれることなんてことは決してありえないのです。

 

むしろ、八方美人は人から信用されません。

 

もちろん、他人の意見も聞くことも時には大事です。

 

人生の先輩からアドバイスをもらったほうが良い時もあります。

 

大好きな人、尊敬する人、心を許せる人に

相談にのってもらうこともとても大切ですし必要です。

 

ですが、最後の最後は自分自身で決断する。

 

ビジネスを新たに立ち上げる!

新しい副業を試してみる!

新たな分野に挑戦する!

 

などなど、、、

 

周りの意見に流されることなく、

ぜひあなたも自分自身の直感と信念を信じて

行動してみてください。

 

それが「失敗しない」秘訣です。

 

ご参考にしていただければ幸いです^^

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

26歳から不動産投資賃貸経営をスタートし、区分マンション8戸・一棟マンション4棟の計48室を保有。

年間家賃収入は3600万円となり、現在は不動産賃貸経営のセミナー講師や不動産賃貸経営のコンサルティング、その他の投資案件の組成など幅広い活動を展開している。

最近話題の民泊ビジネスにも参入しており、民泊ビジネスのコミュニティも運営している。

不動産以外の収入の柱の構築にも注力しており、収入の柱は20本を超え、年間1億以上の収入を得ている。

現在は学生・社会人問わず不動産リテラシーを正しく伝える活動にも尽力している。2005年 明治大学商学部卒。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ